顎関節の動き



顎関節は、関節突起(かとう)と側頭骨関節窩と関節円板の協調で、開口できる。

関節突起は、前及び下方に滑走する。

関節円板は、この動きを助け滑らかにする。

関節円板は、クッションの役割を果たす。

古川歯科医院

新しい顎関節症の治療

Copy Right 古川歯科医院 All Rights Reserved.